保険会社の算定基準

自動車保険交通事故に遭って、保険会社から連絡がくると、示談の相談をされるようになります。特に怪我が一段落した時に、損害額の相談をしてくることもあるのが問題です。こうした交渉の目的は、損害額を確定させるという意味があります。症状に関して言えば、損害を確定させればそれ以上請求ができなくなってしまうのが問題です。

仮になにか問題があっても、確定してしまえば保険会社は請求を受け付けません。慰謝料に関しても、示談が成立すればそこで終わってしまいます。納得できる金額になっていれば問題はありませんが、ほとんどの場合にはなりません。そこに仕組みがあるからです。

保険会社は営利団体であり、かけられた保険料に対して支払いをしていくことになります。しかし、保険金を多く支払えば、当然利益がなくなってしまう存在です。ですが、支払わないという選択肢は保険会社としてできません。社会的な信用もありますし、保険業法にも反するからです。そこで、最低限の金額にするように、独自の算定基準を設けています。自賠責保険を支払ったのちに、任意保険が支払うことになりますが、これが相場ですと平気で言ってくるのは、自社の算定基準に照らし合わしているだけだからです。思っている以上に低い金額になるのは、当然の結果といえます。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料
  2. 裁判所の算定基準
  3. 保険会社との窓口に