交通事故と慰謝料

悩む女の子交通事故に関する交渉は、かなりつらいものがあるでしょう。交通事故にさえ遭わなければ、何も心配も交渉すらもいらなかったのに、ケガをしたり、ものが壊されたことによって余計なことをおこなわなければならなくなります。それにもかかわらず、納得のいく交渉にならないところが、交通事故案件の大きな問題点です。

交通事故に遭うと、相手の保険会社から連絡が来ます。示談金としていくら支払うから納得しろというところになってくるのが一般的です。もちろん、丁寧に出てきますが、納得できる金額ではないことがほとんどでしょう。精神的にも傷つき、辛い思いをした分を慰謝料として請求することになりますが、保険会社はこちらの辛さなど関係ありません。できるだけ安くあげようと交渉をするため、どうしても納得のいく金額にはなって来ないものです。示談に応じたほうが早期解決ですといわれる場合もありますが、ここで決めてしまうのは非常に危険な選択です。適正な金額で賠償金は支払われなければならないのですから、交渉をスタートすることになります。

慰謝料は計算の難しい部分を持っているのは間違いありません。精神的な被害額というのは、簡単にわからないでしょう。自分がその立場にないというところもあります。そこで弁護士を使った交渉になるのですが、実はここに大きな意味が出てくることを知らないと、大きな損害になってしまうのです。もしも、交通事故にあってしまったときには、参考にしながら交渉をスタートしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 保険会社の算定基準
  2. 裁判所の算定基準
  3. 保険会社との窓口に