裁判所の算定基準

裁判所慰謝料などには、保険会社が独自の算定基準を持っているのは、大きな問題です。納得いくような金額にならない仕組みですが、ここから交渉していかなければいけないのも事実でしょう。保険会社も引くわけにはいきませんから、適当なところを落としどころにするために探りを入れてきます。

ここで重要なのは、根拠のある基準を提示し、保険会社のいうところに異議を唱えることです。ですが、被害者だけでは、こうした仕組みを理解し交渉するのは難しいでしょう。安いとしか言えなければ、相手は交渉には乗りませんし、難航するのは当然です。

算定基準として重要な意味を持ってくるのが、裁判所の判決になってきます。過去の交通事故の裁判でさまざまな判決が出てきますが、これをまとめた基準が存在しています。もちろん保険会社の基準とは全く違うレベルのもので、はるかに高い金額になってくるのが特徴です。これを交渉の基準としていくのが一番ですが、素人では交渉は難しいでしょう。それは特定の条件の裁判であり、今回とは関係がないといわれかねません。そこで、法律の専門家である弁護士を依頼するメリットが生まれてきます。なぜなら、弁護士はこの算定基準を持って交渉するからです。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料
  2. 保険会社の算定基準
  3. 保険会社との窓口に