保険会社との窓口に

異なる算定基準が存在することになりますが、交渉は簡単ではありません。専門用語の飛び交う中で慰謝料の交渉をおこなっていくのは、大変厳しいものがあります。素人がプロを相手に交渉するというだけでも、かなりしんどいことになってくるでしょう。

それも結果を出さなければいけないのですから大変です。

ただでさえ事故で精神的にも厳しい段階の中で交渉をするため、きつい条件となってしまいます。相手の意見を飲んで、早期解決というところに揺らいでしまうことにもなるでしょう。弁護士へ交通事故被害相談をすると、算定基準が変わるだけではありません。

自分で交渉する必要がなくなり、すべて弁護士に任せられます。保険会社としても、弁護士と交渉することになりますし、すべての窓口として利用しなければいけません。交渉の専門家であり、手ごわい相手をこうしょう窓口にするのは、分が悪い話しです。

そのため、被害者を相手にしているときよりも、早期解決を保険会社のほうが目指してくることも良くあります。

これも落としどころの探り合いですが、正当な慰謝料を請求しやすい状況を作り出せるようになるでしょう。それほど弁護士は手ごわい相手になってくるのですから、交通事故に関することは弁護士に依頼するとメリットがあるのです。

裁判所の算定基準