保険会社との窓口に

弁護士異なる算定基準が存在することになりますが、交渉は簡単ではありません。専門用語の飛び交う中で慰謝料の交渉をおこなっていくのは、大変厳しいものがあります。素人がプロを相手に交渉するというだけでも、かなりしんどいことになってくるでしょう。それも結果を出さなければいけないのですから大変です。ただでさえ事故で精神的にも厳しい段階の中で交渉をするため、きつい条件となってしまいます。相手の意見を飲んで、早期解決というところに揺らいでしまうことにもなるでしょう。

弁護士へ交通事故被害相談をすると、算定基準が変わるだけではありません。自分で交渉する必要がなくなり、すべて弁護士に任せられます。保険会社としても、弁護士と交渉することになりますし、すべての窓口として利用しなければいけません。交渉の専門家であり、手ごわい相手をこうしょう窓口にするのは、分が悪い話しです。

そのため、被害者を相手にしているときよりも、早期解決を保険会社のほうが目指してくることも良くあります。これも落としどころの探り合いですが、正当な慰謝料を請求しやすい状況を作り出せるようになるでしょう。それほど弁護士は手ごわい相手になってくるのですから、交通事故に関することは弁護士に依頼するとメリットがあるのです。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料
  2. 保険会社の算定基準
  3. 裁判所の算定基準

 


裁判所の算定基準

裁判所慰謝料などには、保険会社が独自の算定基準を持っているのは、大きな問題です。納得いくような金額にならない仕組みですが、ここから交渉していかなければいけないのも事実でしょう。保険会社も引くわけにはいきませんから、適当なところを落としどころにするために探りを入れてきます。

ここで重要なのは、根拠のある基準を提示し、保険会社のいうところに異議を唱えることです。ですが、被害者だけでは、こうした仕組みを理解し交渉するのは難しいでしょう。安いとしか言えなければ、相手は交渉には乗りませんし、難航するのは当然です。

算定基準として重要な意味を持ってくるのが、裁判所の判決になってきます。過去の交通事故の裁判でさまざまな判決が出てきますが、これをまとめた基準が存在しています。もちろん保険会社の基準とは全く違うレベルのもので、はるかに高い金額になってくるのが特徴です。これを交渉の基準としていくのが一番ですが、素人では交渉は難しいでしょう。それは特定の条件の裁判であり、今回とは関係がないといわれかねません。そこで、法律の専門家である弁護士を依頼するメリットが生まれてきます。なぜなら、弁護士はこの算定基準を持って交渉するからです。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料
  2. 保険会社の算定基準
  3. 保険会社との窓口に

保険会社の算定基準

自動車保険交通事故に遭って、保険会社から連絡がくると、示談の相談をされるようになります。特に怪我が一段落した時に、損害額の相談をしてくることもあるのが問題です。こうした交渉の目的は、損害額を確定させるという意味があります。症状に関して言えば、損害を確定させればそれ以上請求ができなくなってしまうのが問題です。

仮になにか問題があっても、確定してしまえば保険会社は請求を受け付けません。慰謝料に関しても、示談が成立すればそこで終わってしまいます。納得できる金額になっていれば問題はありませんが、ほとんどの場合にはなりません。そこに仕組みがあるからです。

保険会社は営利団体であり、かけられた保険料に対して支払いをしていくことになります。しかし、保険金を多く支払えば、当然利益がなくなってしまう存在です。ですが、支払わないという選択肢は保険会社としてできません。社会的な信用もありますし、保険業法にも反するからです。そこで、最低限の金額にするように、独自の算定基準を設けています。自賠責保険を支払ったのちに、任意保険が支払うことになりますが、これが相場ですと平気で言ってくるのは、自社の算定基準に照らし合わしているだけだからです。思っている以上に低い金額になるのは、当然の結果といえます。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料
  2. 裁判所の算定基準
  3. 保険会社との窓口に

 


交通事故と慰謝料

悩む女の子交通事故に関する交渉は、かなりつらいものがあるでしょう。交通事故にさえ遭わなければ、何も心配も交渉すらもいらなかったのに、ケガをしたり、ものが壊されたことによって余計なことをおこなわなければならなくなります。それにもかかわらず、納得のいく交渉にならないところが、交通事故案件の大きな問題点です。

交通事故に遭うと、相手の保険会社から連絡が来ます。示談金としていくら支払うから納得しろというところになってくるのが一般的です。もちろん、丁寧に出てきますが、納得できる金額ではないことがほとんどでしょう。精神的にも傷つき、辛い思いをした分を慰謝料として請求することになりますが、保険会社はこちらの辛さなど関係ありません。できるだけ安くあげようと交渉をするため、どうしても納得のいく金額にはなって来ないものです。示談に応じたほうが早期解決ですといわれる場合もありますが、ここで決めてしまうのは非常に危険な選択です。適正な金額で賠償金は支払われなければならないのですから、交渉をスタートすることになります。

慰謝料は計算の難しい部分を持っているのは間違いありません。精神的な被害額というのは、簡単にわからないでしょう。自分がその立場にないというところもあります。そこで弁護士を使った交渉になるのですが、実はここに大きな意味が出てくることを知らないと、大きな損害になってしまうのです。もしも、交通事故にあってしまったときには、参考にしながら交渉をスタートしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 保険会社の算定基準
  2. 裁判所の算定基準
  3. 保険会社との窓口に